更新日 2017.12.07

ダイエットの基本は運動!日々の習慣で健康的に痩せる

痩せる方法にはさまざまありますが、やはり運動は基本的な手段のひとつ。食事制限も大事ですが、運動を十分にしていれば食べ物の我慢もそれほどしなくて済むはずです。今回は運動で健康的に痩せるための知識とポイントを紹介します。

健康的に痩せるには運動がベスト!

運動して痩せることの1番のメリットは「健康的にダイエットができる」ということ。運動で筋肉がつけば、見た目も引き締まりますし、当然脂肪も燃焼します。
とは言え、運動する時間をあまり取れないという人もいるでしょう。その場合はちょっとしたスキマ時間に軽い運動をするのがオススメ。たとえば、スクワットは1分間連続でやるだけでもかなりのエネルギーを消費します。こうした小さな運動の積み重ねで、健康的に痩せることができるでしょう。

運動で痩せる。定番はウォーキング

ダイエットにオススメの運動方法というと、やはりウォーキングが定番です。特に女性にとってメリットとなるのが「筋肉がつきすぎない」ということ。健康的に痩せた体に憧れるものの、女性らしい曲線は維持したいという人も少なくないと思います。ウォーキングは筋肉に大きな負荷をかけてする運動ではありません。いたって自然にスリムな体型に近づくことができるでしょう。毎日時間を決めて歩くのもいいですし、気が向いたときに散歩の延長としてぶらぶら歩くというだけでも良いそうです。
運動で痩せるためにはとにかく継続が命ですから、無理のないやり方で自然と習慣にしていくのがベストな方法でしょう。

痩せるために運動。時間はどれくらいするべき?

運動する時間の長さについては、特にこだわる必要はありません。短すぎなければ相応に効果が見込めるでしょう。
ウォーキングの場合は20分間歩き続けると脂肪の燃焼がはじまるとされています。20分から燃焼がはじまるということは、効果的に痩せるにはその状態からしばらく運動を続けた方がいいということ。できればそこから10分程度は続けたいものです。もちろん夏場は熱中症になるリスクもありますので、体がきついと感じたら適宜休憩をとるようにしてください。

朝昼晩、痩せるにはどの時間の運動が効果的?

運動で健康的に痩せるためには、どの時間帯に体を動かすのが一番効果的なのか。これは朝だとされています。人間の体は交感神経と副交感神経のはたらきによって支えられているそう。興奮するときは交感神経が、リラックスするときには副交感神経が、それぞれ強く働きます。日中はどちらかと言えば交感神経が強く働いている時間とのこと。そのため、体全体が活発な状態になっており、同じ量の運動でも脂肪やカロリーが燃焼しやすいそうです。ウォーキングしている人は朝早くによく見かけます。これは理にかなったやり方みたいですね。

運動で痩せるために気をつけるべきこととは?

健康的に痩せるために気をつけることは、体重を減らすことに囚われすぎて、筋肉まで落とさないようにすること。人間が食事で摂取したエネルギーを健康的に消費するためにはある程度の筋肉は必要です。それは筋肉が基礎代謝量に大きく関わっているから。
基礎代謝とは人間がただ生きるために必要な、最低限のエネルギー消費のことです。私たちの体では寝ているときも基礎代謝が行われ、いくらかのエネルギーが消費されています。そのため、基礎代謝量が上がればたくさん食べても太らない体になれるのです。
食事制限だけでダイエットをしようとすると、どうしても筋肉まで一緒に落としてしまうということになりがち。そうならないよう適度な運動をベースに据えて痩せることを心がけてください。

運動で痩せることはとても自然なダイエット法

運動によって健康的に痩せる方法・ポイントを紹介しました。休みの日の早朝にきれいな公園や川沿いで散歩をする。これは多くの人にとって気持ちが良いものでしょう。ウォーキングと身構えずにリラックスして散歩する習慣をつけてみてはいかがでしょうか?一度やってみると思ったほど大変ではないことに気づき、散歩の時間がかけがえないものになるなんてこともあるかもしれません。

この記事をシェアしよう!