更新日 2017.11.30

女性の強い味方。豆乳ダイエットで理想の自分を手に入れる

カロリーが低く、女性ホルモンに似た働きをする成分が含まれている豆乳は、女性に嬉しい要素が豊富な食材です。今回は、豆乳のダイエット効果に焦点を当て、簡単に美しく痩せる方法について迫ります。

豆乳ダイエットってどんなダイエット?効果はあるの?

簡単!飲むだけダイエット

ダイエットと聞くと辛く苦しいものというイメージがあるかもしれませんが、豆乳ダイエットはとても簡単に行うことができます。もっとも簡単な方法として、豆乳を朝・昼・晩の食前にコップ1杯飲むだけというものがあります。他は特に何かする必要はありません。豆乳を食前に飲む理由は、満腹中枢を刺激してある程度の満腹感を得るためです。豆乳には脂肪吸収を抑える効果も期待できるため、ダイエットに適していると言われています。

便秘解消がダイエットにつながる

大豆に含まれているオリゴ糖には便通をよくする効果があるとされています。そのため、便通が良くなって体から毒素が抜けやすい状態となります。体重が減らない原因のひとつに体内の便があるため、排泄することでダイエットがますます進んでいくことでしょう。

豆乳で得られるのはダイエット効果だけじゃない!美容にもメリットがある

イソフラボンやビタミンには美肌効果も

イソフラボンは美容に重要な役割を果たします。豆乳にはイソフラボンが多く含まれているため、ダイエットだけではなく美容にもメリットがあります。美肌は多くの女性にとって関心があるテーマですよね。豆乳に含まれるビタミンBやビタミンE、サポニン、イソフラボンといった成分によって、肌にハリや弾力を取り戻したり、肌荒れを改善したりすることも期待できます。また、シワやシミの防止などアンチエイジングにも役立ってくれることでしょう。

イソフラボンでバストアップ!

豆乳にはバストアップしたい女性の注目も集まっています。イソフラボンは女性ホルモンのひとつであるエストロゲンと似た働きをし、胸のハリやバストラインの形成に一役買います。

豆乳で代謝を促す

代謝が促されるという点も、豆乳は美容に効果的と言える理由です。歳を重ねると代謝が不活発となり、10代後半から20代後半にかけて、すでに10歳児の60%程度にまで基礎代謝は落ち込みます。代謝は美容にもダイエットにも欠かせないものなので、豆乳を飲んで少しでも活発化できるよう試みてください。

試してみたい!豆乳ダイエットで使えるレシピ『豆乳のポトフ』

豆乳を食前に飲む方法が困難であれば、飲み物としてではなく食べ物として豆乳を摂取してみてください。「豆乳のポトフ」なら野菜がたくさん摂れるため、健康的なダイエットにぴったりのレシピです。

材料

食材は2人分で、小ぶりのジャガイモ2個、ニンジン1本、玉ねぎ1個程度です。豆乳100cc、水750cc、白ワイン50cc、コンソメの素を適量、塩・こしょう少々も準備します。好みに合わせて他の野菜を用意しても構いません。肉類を入れるのもアリですが、入れるなら少量にしておきましょう。

作り方

ポトフの場合、野菜は細かく切らずにジャガイモや玉ねぎは縦に4等分、ニンジンも切ったジャガイモと同じくらいのサイズに切ります。野菜をそれぞれカットしたら、鍋に入れます。水を入れてニンジンが柔らかくなるまで茹で、コンソメの素と白ワインを入れて中火で15分〜20分煮込みます。具材に味が付いたら豆乳を入れ、塩・こしょうで味を調えます。ワインからポリフェノールも摂れるので、豆乳のポトフは美容を意識したダイエットにおすすめです。

豆乳で美しくダイエットしよう

豆乳は女性の身体を健康的に美しくしてくれる食材です。ダイエットで痩せたと言っても、肌荒れなどの不健康な痩せ方では、せっかくの魅力が半減してしまいます。豆乳を食べ物や飲み物として上手に利用し、イメージする美しい自分を目指していきましょう。

この記事をシェアしよう!