更新日 2018.02.23

ゆで卵ダイエット、ほんとうに効果はあるの?

『ゆで卵を食べるだけでダイエットできる』、そう聞けば誰もが試してみたくなるのではないでしょうか。しかし、『卵はコレステロールが高い』とも言われていますが近年、食事によるコレステロールと血中コレステロールの直接の関係性が見直されたりと、卵を取り巻く環境も変化しています。今回は具体的なゆで卵ダイエット方法についてご紹介していきます。

ゆで卵ダイエットのやり方は?

卵は身近な食べ物で、冷蔵庫に必ず入っているという家庭も多いでしょう。卵を茹でるという手間はかかりますが、ゆで卵ダイエットは簡単にできるのでおすすめです。いままでダイエットが続かなかった人も、気軽に試してみてはいかがでしょうか。

ゆで卵ダイエットは、1日3食のうち最低1食はごはんやパンなどの主食に置き換えて、ゆで卵を食べるという方法です。もし、短期間で痩せる効果をさらに期待するなら、2食を置き換えてみるのもよいでしょう。しかし、ゆで卵だけだと栄養が偏りそうだし、お腹が空いてしまうのではないかと心配になる人もいるでしょう。ゆで卵ダイエットは1食あたり2〜3個を目安に、1日で最大10個程度は食べてもよいと言われています。記事によっては上限なく食べてもよいとされるものもありますが、そこはご自身の状態に合わせて判断していきましょう。さらに固めにゆでればそれなりに腹持ちもよいので安心です。

また、ゆで卵だけではなく、野菜を一緒に食べることもポイントです。いままで朝食に卵料理とサラダ、パンをよく食べていたのであれば、卵料理はゆで卵にして、パンを食べないようにするだけでダイエットになります。この方法であれば、ダイエットのために特別に時間をかけて調理する必要もないですし、改めて新しい食材を探して購入する手間も必要ありません。普段の生活とそれほど変わらないのではないでしょうか。朝に時間がなくてサラダの準備ができない時は、野菜ジュースでも代用可能です。

ゆで卵ダイエット、どれくらいの効果が期待できる?


主食の1食または2食をゆで卵に置き換えるだけで、どれくらい痩せることができるのでしょうか。また、なぜダイエットになるのか気になるところです。一般的に主食をなにか他のものに置き換える市販のダイエット食品はたくさんありますが、どれも量が少ないために空腹と戦うことが多いです。せっかく高価なダイエット食品を購入したとしても、お腹がすいてしまってついつい残りの2食を食べすぎしてしまうこともあるでしょう。そうなるとダイエットは失敗に終わります。一方、ゆで卵ダイエットはお腹がいっぱいになるまで食べてもよいので、空腹感を感じることはありません。さらに、野菜を一緒に食べることが決まりになっているので、自然に野菜を多く摂るような習慣ができます。結果的にバランスのよい食事になり、自然に痩せる効果が期待できるでしょう。さらに、卵自体が栄養バランスのよい食べ物で、消化もよいです。筋肉をつくるのに必要なたんぱく質が豊富に含まれていることにも注目してみましょう。体の筋肉量が増えると基礎代謝があがりますので、自然に痩せやすい体質になります。気になるダイエット効果ですが、短期間で10キロ単位で減量できることもあります。無理なくダイエットを目指すなら、1食置き換えで地道に続ければ1カ月で数キロ単位の減量も可能といえます。

ゆで卵を普段の料理にプラスする!

ゆで卵をたくさん食べると、さすがに飽きてしまうことがあります。しかし、卵はどんな食材とも比較的相性がよいです。参考レシピを紹介しますので、いろいろアレンジしてみましょう。

アレンジ無限大!味噌汁やスープの具に!

ダイエット中は、同じような味だと飽きてしまい、続かなくなることがよくあります。味噌汁やスープにゆで卵とお好みの野菜をプラスするだけで、味に変化がありますし、お腹がいっぱいになる効果も期待できます。わかめやキノコなどのカロリーがほとんどない食材を入れてもよいでしょう。

ゆで卵、アボカドとトマトのサラダ

ゆで卵ダイエットは野菜も一緒に食べます。サラダを作るときにゆで卵もプラスすることで、ボリューム感がアップします。アボカドはビタミンCを多く含み美容によい食材です。トマトはリコピンが含まれており、体の酸化を防ぎます。アボカド、トマトは各1個、ゆで卵を好きなだけ入れて角切りにします。その中にオリーブオイル、醤油、わさびで作ったドレッシングを入れて混ぜます。豆腐を入れてもよいでしょう。

ゆで卵ダイエットは簡単?


ゆで卵を食べることで痩せることができれば、ダイエットへのハードルが少し下がるのではないでしょうか。野菜も多く摂る方法なので、健康にもよいといえそうです。しかし、やりすぎは禁物ですので、最初は1食を主食のかわりに置き換えるという気持ちで試してみることをおすすめします。

この記事をシェアしよう!