更新日 2018.01.03

栄養の宝庫!舞茸がダイエット食材に向く理由とは?

歯ごたえや栄養価の高さで人気のある舞茸は、炊き込みご飯や煮物などに使える勝手のよい食材です。実はこの美味しい舞茸が、ダイエットにも驚きの効果を発揮するのをご存知でしたか?今回は舞茸のダイエット効果や簡単でヘルシーなレシピなどをご紹介します。

舞茸のダイエット効果とは?豊富な栄養価に注目!

ダイエット中なら摂りたい!きのこの栄養価

きのこ類は栄養価が高いことで有名です。きのこに含まれる栄養素の代表は食物繊維です。食物繊維は腸内の老廃物を排出して便通を良くするという腸内環境を整える効果があります。また、きのこのカロリーは全般的に低いためダイエットには向いている食材なのです。これらの栄養価は健康維持にはもちろん、ダイエットにも良いので積極的に摂取したいところです。

舞茸だけにしかないMXフラクションの効果

舞茸にも多くの食物繊維が存在しますが、さらに舞茸にはダイエットに効く栄養素が含まれます。舞茸にはベータグルカンが多く含まれています。このベータグルカンは不溶性の多糖類で、特に舞茸に含まれているベータグルカンを「MXフラクション」と呼んでいます。MXフラクションが体内に取り込まれると、中性脂肪や悪玉コレステロールの分解を促進しながら。内臓脂肪を減らす効果を発揮します。
つまり舞茸を定期的に食べることで、脂肪を蓄積させない太りにくい体質に変えられるといわれています。

栄養価を発揮させる舞茸ダイエットの仕組み

舞茸の驚きの効果はその他にも

舞茸の「MDフラクション」という成分には免疫を活性化させる作用があるため、風邪予防やアンチエイジングにも役立ちます。そして「不溶性食物繊維」の働きにより腸内細菌の動きも活発になり、ともすれば過剰になりやすい脂肪や糖分の分解、消費が促されます。内臓脂肪を落ちやすくする「キノコキトサン」によりぽっこりお腹の解消も期待できます。

舞茸でダイエット!その方法とは

毎日1回舞茸を食事の食材として食生活に取り入れることがおすすめです。また、栄養成分の性質を理解して使用することが大切です。MXフラクションやMDフラクションは水溶性で、熱によって分解されやすい性質を持っています。そのため、調理の際には水洗いせず、火にかけるときは手早い調理を心がけましょう。また舞茸から溶け出した黒い煮汁は捨てることなく使います。1回の摂取量は50gくらいを目安にし、お腹がゆるむこともあるので食べすぎには注意しましょう。 中性脂肪や悪玉コレステロールの分解を促進するのが、MXフラクションです。継続的に舞茸を摂取することで、代謝があがり脂肪を蓄積しづらい体質を作り上げるのです。

簡単でヘルシー!舞茸ダイエットレシピ

忙しい朝にも!舞茸の簡単サラダ

舞茸を取り入れた二人分のサラダです。材料は舞茸1パック、レタスやトマト、ブロッコリーなど好きな野菜を適量用意します。舞茸は食べやすく小分けにし、酒をふり電子レンジで加熱し冷ましておきます。舞茸の熱がとれたら、他の野菜と一緒に盛り合わせ、好きなドレッシングをかければ完成です。ポイントは舞茸を過熱した際に出る汁は捨てずに、ドレッシングと一緒に和えることで、美味しく食べることができるのです。調理時間も短く、簡単に出来上がるのでおすすめレシピです。

葉物の栄養素も一緒に!葉物の和え物

ほうれん草や小松菜など葉物野菜も一緒に摂取できる二人分の和え物です。材料は舞茸1パック、ほうれん草や小松菜などの葉物野菜適量です。舞茸は一口大に小分けにし、酒をふり電子レンジで加熱します。ほうれん草などの葉物野菜は茹でるか、小分けに切って電子レンジで加熱します。舞茸から出た汁ごと野菜と合わせ、ポン酢などで味を調えます。夕食などの副菜や、葉物野菜を摂取したいときにぴったりのレシピです。

舞茸を毎日の食卓に摂り入れ、ラクにダイエット!

ダイエット中は食べることを制限することで、摂取食材に偏りが出てしまいます。そのためにも、舞茸のように栄養価の高い食べ物をしっかり摂ることが重要です。舞茸には血中コレステロールの分解を促すMXフレクションなどの成分が含まれており、ダイエット効果も期待されています。痩せるためにも、舞茸に含まれる栄養価を毎日の食事で効率的に摂り入れ、健康的なダイエットに挑戦しましょう。

この記事をシェアしよう!