更新日 2017.12.27

1ヶ月で効果がわかるダイエット

ダイエットというと、長い期間をかけて頑張らなくてはいけないというイメージではないでしょうか。しかし、たった1ヶ月でも効果を実感できるダイエットがあることをご存知でしょうか?今回は、1ヶ月で実感できるダイエット法と注意点についてまとめてみました。

1ヶ月でダイエットなんて本当にできるの?

ダイエットの考え方

実際に減量したい体重は人それぞれですが、体脂肪1kgを落とすためには7,200kcalの消費が必要と言われています。例えば、3kg痩せたいのなら7,200×3=21,600kcal、5kg痩せたいのなら7200×5=36,000kcalの消費が必要ということになります。この数字だけを見ると、とても大きく感じますが、1日あたりの必要消費量を考えると印象が変わるはずです。1ヶ月は30日として割り算をすると、3kg痩せたい人は1日に約720kcal、5kg痩せたい人は1日に1,200kcal消費すればよいということです。膨大なカロリー量の消費を念頭に置いて、自分がトライできるダイエット法を選ぶことから始めてみてください。

カロリーを消費する方法

カロリーを消費する方法は2つあります。1つは食事から摂取するカロリーを減らすこと、もう1つは運動でカロリーを消費することです。運動が苦手という人は、食べ物のカロリーを計算して摂取量を控えればダイエットができます。また、食事制限も運動もほどほどにという人は両方を組み合わせるなど、自分に合った方法を選べば良いでしょう。

短期間でダイエットするときにはリスクがある!?

リバウンドに注意しなければいけない

1ヶ月という短期間でダイエットをする場合、リバウンドをしてしまうリスクがあります。なぜなら、摂取するカロリーを制限していると、体内では少量のエネルギーで体を維持できる「ホメオスタシス」という機能が自主的に働きます。ホメオスタシスはダイエットを中断しても
機能し続けているので、エネルギーの消費量は減った状態のままです。そのため、食事を元に戻すとエネルギーの消費量よりもカロリーの摂取量の方が多くなり、リバウンドをするというわけです。

無理をすると体調を崩すことがある

どうしても短期間で痩せようと無理をすると、体調を崩してしまうことがあります。例えば、過剰なカロリー制限が原因で栄養不足になり表れる不調は貧血や生理不順、体のだるさなどに現れます。また、栄養不足の状態が続くと摂取した栄養は、生きるために必要な器官に優先的に送られます。その結果、頭皮に送られる栄養が足りなくなり、薄毛になってしまう可能性もあります。さらに、免疫力が落ちて風邪をひきやすくなる人や、精神的に不安定になる人もいるので、短期間でダイエットをするなら無理は禁物です。

1ヶ月だからこそできるダイエットとは?

 

短期間だからこそできる置き換えダイエット

1ヶ月という期限付きだからこそおすすめなのが置き換えダイエットです。置き換えダイエットは辛いというイメージを抱きがちです正しく行うことで、ある程度の効果も期待できるものです。
一般的に置き換えダイエットで使用される食品はスムージーです。野菜を使用したグリーンスムージーのカロリーはコップ1杯で70kcalほどなので、栄養は補いつつ大幅なカロリー制限ができます。栄養豊富なバナナを使用したバナナヨーグルトスムージーや、甘いいちごを使用したいちごのヨーグルトスムージーなど、日替わりで楽しむこともできるでしょう。

有酸素運動を取り入れよう

1ヶ月という短期間でダイエットをするなら、効率よく脂肪を燃焼できる有酸素運動が効果的です。有酸素運動とは、ジョギングやウォーキングなど酸素を取り入れながら全身を使う運動です。全身を使うことで基礎代謝もアップするので、自然とカロリー消費量も増えていきます。1日に20分~30分でも十分効果があるのでチャレンジしてみてください。また、外に出る時間がとれない人でも、踏み台昇降運動なら家の中で空いた時間に気軽にすることができます。 有酸素運動に加えて、筋トレを行うことで、カロリー消費は早くなります。つまり筋トレを継続的に行いながら、基礎代謝を向上させることで、体脂肪も減るんです。そこに有酸素運動を加えることで、より高い効果が得られるわけです。

1ヶ月ダイエットなら気軽に挑戦できる!

消費カロリーと摂取カロリーをコントロールすれば、1ヶ月でも痩せることが可能です。長期間続けるのは辛いダイエットでも、1ヶ月だからこそできる方法があります。急激に体重を落とそうとせず、無理をしない範囲で食事制限や運動をしてみましょう。

この記事をシェアしよう!