更新日 2017.12.15

話題の低糖質ダイエット。お腹いっぱい食べられるって本当?

テレビや雑誌などでよく聞く低糖質ダイエット。気になっている人も多いのではないでしょうか?今回は話題の低糖質ダイエットについて。具体的にどんなことをするのか、効果はあるのか、など知っておきたい低糖質ダイエットのことをお話します。

低糖質ダイエットって何?

そもそも低糖質ダイエットって?

低糖質ダイエットとは、簡単にいうと「摂取する糖質の量を制限して、痩せることを目標とするダイエット」です。糖質と聞くと果物や甘いお菓子を連想しがちですが、ご飯や麺類などの炭水化物にも糖質は含まれています。その炭水化物の摂取を制限することでダイエット効果を狙うのが低糖質ダイエットなのです。

糖質を抜くだけ?

低糖質ダイエットでは糖質の制限を行いますが、糖質をまったく摂取しないというわけではありません。1日の糖質摂取量を50g以下にすることが目標です。「1日3食はきちんと食べる」「カロリーは減らさない」「糖質のみを減らす」この3点が基本。食事を見直すダイエットというとカロリー制限が必要なイメージがありますが、低糖質ダイエットでは糖質のみを制限するようです。

低糖質ダイエット。糖質を制限するだけで効果は見込める?

 

糖質を制限して得られる効果は?

糖質を制限することで脂肪燃焼の促進が期待できます。エネルギー源でもある糖質の摂取量が減ると、人間の体は蓄積されている脂肪を分解してエネルギーに換えるようになるそう。さらに血糖値の上昇も抑えることができるんです。次の項では血糖値とダイエットの関係についてお話します。

血糖値の上昇とダイエットの関係は?

血糖値の上昇を抑えることとダイエットは密接に関係しているそう。糖質を摂取すると体内では血糖値を下げる働きを持つインスリンというホルモンが分泌されます。インスリンは余分な糖を脂肪として溜め込んでしまうホルモン。血糖値が急激に上がると、インスリンの働きが追いつかなくなり、その結果、糖質が脂肪として溜め込まれてしまうのです。血糖値の上昇を抑えれば、新たな脂肪の増加を防ぐことができると言われています。

低糖質ダイエット中は避けたい食べ物!

意識して摂取を控えたい食べ物

低糖質ダイエット中に摂取を控えたい食べ物がいくつかあります。
糖質を制限するので、当然砂糖を使った甘いお菓子はNG。このあたりは誰でも想像がつくと思います。
しかしなかには見落としがちな食べ物も。それは小麦粉やパン粉を使用している食べ物です。てんぷらやコロッケなどの衣には小麦粉やパン粉が含まれています。低糖質ダイエット中、油の摂取はOKですが、小麦粉やパン粉の原料は炭水化物の仲間。他にカレーやシチューのルーにも小麦粉が使用されているものが多いので避けたほうが無難です。
また、ヘルシーなイメージのある野菜のなかでも、根菜類には糖質が多く含まれています。ニンジンやゴボウ、レンコンは避けたほうがよい食材と言えるでしょう。

調味料や飲み物も意識しよう

調味料にも糖質を多く含むものがあります。特にサラダなどに使用するドレッシング類には注意が必要。ノンオイルドレッシングは一見ダイエット向きですが、油なしでコクを出すために糖分が多く含まれているものがあります。
飲み物にも意識を向けてみましょう。甘いジュース類はもちろんですが、実は野菜ジュースもオススメできません。砂糖不使用の野菜ジュースでは、野菜に含まれている糖分で甘くなっているものがあります。また、お酒には炭水化物を原料にしているものが多くあります。ビールや日本酒などの醸造酒は糖質が多く含まれているので避けた方がいいでしょう。

低糖質ダイエット。ダイエット中なのに食べてもいい意外な食べ物

糖質を制限しているならどれだけ食べても大丈夫!

低糖質ダイエット中は、糖質さえ制限していればどれだけ食べても問題はありません。特に肉や魚はたんぱく質が豊富なので、炭水化物の代わりに主食にすることができます。乳製品も糖質が少なく、たんぱく質が多い食材なので、積極的に取り入れていくことが可能です。

食べてもいい以外な食べ物

低糖質ダイエットには食べてもいい意外な食べ物も存在します。それはマヨネーズ。意外にもマヨネーズは糖質が低いので摂取しても大丈夫なんです。オリーブオイルやバター、生クリームも糖質を含まない食材。どれも汎用性の高い食材なので、低糖質ダイエットの強い味方になってくれそうです。

低糖質ダイエット。毎日の食事もちょっとだけ意識してみよう

きつい食事制限や激しい運動によるダイエットは、短期間で効果が現れることがありますが、長続きしない人も多いものです。低糖質ダイエットなら糖質を制限するだけで食事の摂取量に制限はありません。食べてもいいもの、避けた方がいいもの、これさえ理解していれば気軽に始めることができるでしょう。また、日々の食事で低糖質の習慣が身に付けば、リバウンドの心配も少なくなります。今日からでも始められる低糖質ダイエットにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

この記事をシェアしよう!