更新日 2017.12.13

美容にも効果があるって本当?話題の断食ダイエットとは?

美しいプロポーションを手に入れたいと考えても、厳しいダイエットを長く継続させるのは、実際には難しいものです。しかし、短期間で痩せるダイエットには負担が大きいものも少なくありません。断食ダイエットもそのうちのひとつ。ここでは断食ダイエットについて紹介します。

知らずにやるのは危険!断食ダイエットの基礎知識

断食ダイエットとは、その名のとおり断食を行うことによってダイエット効果を目指す方法です。断食とは水以外の飲み物や食べ物を身体に入れず、食事を断つ行為のこと。最近では断食が健康に良い影響を与えるケースがあることも、さまざまな研究から明らかになってきました。そこから発展し、断食はダイエット法としても注目を集めるようになったのです。

美容にも健康にもメリット?断食ダイエットで期待できる効果とは

断食ダイエットでは腸がきれいになると話題なんです。一定期間食べ物を摂取しないことによって、日々の便通で宿便が排泄され、腸内がリセットされるようです。
腸を一度きれいになると、正常に働いていなかった腸の機能が復活し、便秘の解消にもつながるそう。便秘が解消されると肌荒れの改善など美容にも良い効果があると言われています。
さらに、腸内環境が良くなると代謝にも良い影響が。代謝機能を悪化させる体内の有害物質の多くは、便秘によって発生しているそう。腸内で発生した有害物質は血液に乗って全身を巡り、血流を悪くすると言われています。血流の悪化は冷え性の原因にもなります。血液がスムーズに循環しなくなることで、心臓から遠い部位ほどうまく熱が届かなくなり、冷えを生じさせてしまうようです。また、肩こりの原因にも血流が関係しています。血流の悪化によって疲労物質が溜まりやすくなり、肩こりを感じるそうです。
以上のように、断食ダイエットで腸内がきれいになると、代謝の向上、肌荒れの改善、冷え性の改善、肩こりの緩和など、さまざまな効果が期待できるようです。

知っておきたい断食ダイエットの方法

断食ダイエットにさまざまな効果があると言われていること、わかっていただけたでしょうか?しかし、誤った方法で行ってしまうと断食ダイエットは効率が悪くなるようです。ここでは断食ダイエットのやり方について紹介します。

断食ダイエットの基本となるのが、3日で行うプラン。初日を予備の断食日とし、中日に本格的な断食を実践したら、最終日に通常の食生活に戻すためのケアを行います。

1日目は昼食を8分目の量に抑え、夕食では普段の半量にするのが一般的なようです。
初日から急に食べ物を断つと身体が驚いてしまうそう。夕食後は3時間以上時間を置いてから就寝するように注意されていました。このあたりはダイエットの基本にも通ずる部分があります。
2日目は断食実践日となるため、一切食べ物は口にしません。水は摂取しても良いようなので、しっかり摂取するようにしましょう。
2日目で丸1日断食をしたら、3日目は朝食から少しずつ食べ物を摂るようです。ただし、空っぽになった胃へ急に食べ物を入れると胃が驚いてしまうため、消化が良いものを摂るのが一般的。胃に負担をかけないためにも、断食日の翌日となる3日目は食べ過ぎに注意と書かれていました。昼食や夕食も、普段より少なめの量に抑え、少しずつ慣らしていくほうが良いのかもしれません。

断食ダイエット。注意すべきポイント

断食ダイエットを行う際に気をつけておくべき注意点としてよく挙がっていたのは断食日の過ごし方です。断食を本格的に実践する2日目は、食べ物を一切食べていないため体力が落ちてしまっています。激しい運動などはしないように注意されていました。
これは常識的なことですが、体重を早く落とすために水しか飲まない断食を1週間以上継続して行うことは危険です。ただ闇雲に食べ物の摂取を断つだけでは、栄養不足になるだけで健康的に痩せることはできません。栄養が不足すると身体は脂肪からではなく筋肉から栄養摂取をしようとするそう。筋肉が落ちることで身体のバランスが悪くなるばかりではなく、基礎代謝が落ちてしまい、痩せにくい身体となってしまうそうです。

焦りは禁物!断食ダイエットのメリットはスピードじゃない!

断食ダイエットを実践すると、1日の食事量を減らしている分だけ体重は減りやすいよう。ただし、これは一時的なもののよう。
誤った方法で無理のある断食を行うことで断食後にリバウンドしてしまっては元も子もありません。断食ダイエットは結果に急いでいるときには向かないダイエットのように感じました。

この記事をシェアしよう!